book-1659717_640

1: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:54:08.77 ID:gBcE1il+0
最近の文学とか全く知らん

2: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:54:28.92 ID:gBcE1il+0
アニメやマンガやラノベもあんま知らんが

3: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:54:36.37 ID:gBcE1il+0
ゲームも知らんな

8: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:55:31.09 ID:Ke08y7qp0
何も知らない定期

5: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:55:18.78 ID:LVPMfdwm0
とりあえず芥川賞はオワコン

9: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:55:39.62 ID:gBcE1il+0
>>5
又吉のおもろいん?

36: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:01:03.79 ID:LVPMfdwm0
>>9
すまんな、とりあえず言ってみただけ

7: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:55:25.55 ID:xy8G/wG00
過去の名作があるのでセーフ

13: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:55:51.54 ID:gBcE1il+0
>>7
あるからなんやねん

16: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:56:47.88 ID:xy8G/wG00
>>13
読み切れないほどの遺産があるんやからそれでええやろ

11: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:55:50.12 ID:4uxtGn5j0
古典文学おもろい

14: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:56:22.38 ID:gBcE1il+0
>>11
おもろいけどそれだけやん
社会現象とかにはならん骨董品

20: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:57:53.52 ID:gU0NvaaK0
10年以上前から大塚英志が「純文学は不良債権、更新期の文学を」っていって笙野頼子と論争しとったな
あの後文芸で生き残ったのはエンタメとラノベだけだからやっぱ死んでるで純文学

26: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:59:19.02 ID:gBcE1il+0
>>20
笙野頼子自体今誰も読んでないよな

33: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:00:25.11 ID:gU0NvaaK0
>>26
「タイムスリップ・コンビナート」とか面白い小説がある作家だけど
まあ売れてないしね

40: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:02:15.99 ID:gBcE1il+0
>>33
なんか読んだけどおもろいとは思わんかったな

21: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:58:20.25 ID:IdDc8nzJ0
初期の大江神懸かっててイクイク

25: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:59:09.04 ID:JDD6dEa3d
>>21
むしろ取り替え子以降がヤバいんだよなぁ

35: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:00:54.45 ID:IdDc8nzJ0
>>25
水死しか読んでないがおもろいか?

42: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:02:24.96 ID:gnmCmE2+d
>>35
ええ…
まあ水死がおもろいなら長江コギトが出てくるのは全部おもろいで

58: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:05:27.01 ID:IdDc8nzJ0
>>42
初期短編万延元年われらの狂気レインツリー宙返り水死…って感じでそんな読めてない
2000年代のも読むわ…

118: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:20:26.02 ID:B/5Mku170
>>42
あれおもろいんかね

28: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:59:39.57 ID:gBcE1il+0
>>21
大江苦手

31: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:00:24.02 ID:OsCQEypo0
>>21
大江は文体がねちねちしてて苦手やなあ

24: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:59:00.62 ID:PTRwjIof0
古典文学の学科いっとったけど
結局理系の職種になったから全く意味なかった大学時代やったと思うで

30: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:59:53.90 ID:gBcE1il+0
>>24
おもろい人生やな

27: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:59:29.25 ID:gU0NvaaK0
純文学っていうジャンルを一般人も読むようになったのは昭和初期の円本ブームくらいからやな
あの時期から始まって中上健次~ダブル村上の時代くらいに終わった
もう文芸誌も誰も買ってないし

34: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:00:46.75 ID:gBcE1il+0
>>27
円本ブームって昭和初期やったっけ

49: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:03:50.78 ID:gU0NvaaK0
>>34
円本ブームは昭和初期やで大正末期に始まって昭和恐慌と共に終わった
新潮社初代社長の佐藤義亮なんかが関わっとった

55: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:05:00.75 ID:gBcE1il+0
>>49
大正の終わりって認識やった

39: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:01:59.26 ID:IdDc8nzJ0
安部公房の最高傑作は砂の女じゃなくて燃えつきた地図だと信じて疑わないで

43: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:02:35.55 ID:gBcE1il+0
>>39
なんちゃら氷河期ちゃうん

94: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:13:34.07 ID:IdDc8nzJ0
>>43
それよかは壁か箱男って思ってしまう

103: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:16:35.14 ID:gBcE1il+0
>>94
友達とかは好きやったけどあんま短編の内容覚えてへんなあ

45: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:02:55.21 ID:LVPMfdwm0
>>39
個人的には箱男が一番好き

41: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:02:22.70 ID:L/jO8R2R0
詩が流行ればそこからの拡大でワンチャンある

46: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:03:23.58 ID:gBcE1il+0
>>41
現代詩とかゴミオナニーかエモサブカルしかないやん
流行るんか?

50: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:03:51.30 ID:4uxtGn5j0
>>41
でも日本語はほんま韻文にむかん言語やからなあ
かといって散文詩がポピュラーになるとも思えん

63: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:06:11.61 ID:y8XTskDIa
>>41
最果タヒみたいなファッションメンヘラが持て囃されてるし無理やろ

44: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:02:42.27 ID:gU0NvaaK0
大江健三郎は政治的発言でネトウヨには忌避されるけどノーベル賞とってるし普通に大作家よな
初期の奇妙な仕事や死者の驕りあたりから中期の万延元年のフットボール
そして現在と割とずっと良い小説量産してる

48: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:03:42.54 ID:gnmCmE2+d
>>44
アナベルリィとかレインツリーとかはスランプだったンゴねぇ……

59: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:05:46.36 ID:Ke08y7qp0
>>44
大作家かつ反日やからやろ
三文文士だったらネトウヨも相手にしてない

47: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:03:39.28 ID:Ke08y7qp0
阿部和重読みたいのに絶版ばっかで泣ける

51: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:04:30.63 ID:gBcE1il+0
>>47
絶版なん?
わりと売れ線やと思ってたけどそんなもんなんか

52: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:04:31.59 ID:Nwwfhltz0
正直どんなに糞でも売れてるサブカル研究してた方がマシ

60: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:05:49.07 ID:gBcE1il+0
>>52
それで宇野常寛とか東浩紀とかが地味に力つけとるんかな?
その割に広がらんな

53: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:04:51.73 ID:OZlpG/0/0
文学には文学の良さがあるが、先に映像化された作品を見ると文学の良さが全部なくなる。
最近はドラマ化、アニメ化をしてから原作の存在を知るので、
見てしまったらその時点で文学の良さを楽しめない。

65: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:06:37.54 ID:gBcE1il+0
>>53
映像作るやつに才能がないってこと?

78: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:09:42.49 ID:OZlpG/0/0
>>65
ちゃう、例えば文章でキラキラした草原という表現があったら自分のイメージでキラキラさせるけど
一度でも映像を見ると想像より既に見た映像が頭をよぎってしまうみたいな。人間だから。

86: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:11:53.53 ID:gBcE1il+0
>>78
まあそれはあるけど
映像作る側がそれで良いイメージ作れるなら作家は割と役割果たしたことにならんか

88: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:12:22.60 ID:soSy+AVsd
>>86
めっちゃええこと言うなお前

98: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:14:33.38 ID:gBcE1il+0
>>88
ただそんな映像が作られてるかどうか疑問やけど
日本映画は最近割も好調なんやっけ?

107: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:17:15.13 ID:XQsA9RRq0
>>53
読者に映像を思い浮かばせる点では川端康成って凄いよな

54: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:04:57.33 ID:i9jfXhk6M
映画でいいよね

68: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:07:03.63 ID:gBcE1il+0
>>54
わかる
ただ長いのは勘弁

56: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:05:05.30 ID:OsCQEypo0
純文学やと志賀直哉が一番読んだし一番好きなんやけど聞かれた時に答えると本当に?みたいな反応されがち
読んでて気持ちいいんやけどなあ

62: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:06:06.31 ID:LVPMfdwm0
>>56
簡潔でクドくない気持ちのいい文体

70: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:07:47.75 ID:OsCQEypo0
>>62
そうそうすっきりしててええ
言葉に贅肉の少ない感じ
言うほど一番に上げるようなタイプの作家か?みたいな感じなのは分からんでもないけどなあ

69: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:07:29.72 ID:gBcE1il+0
>>56
よさを説明しづらくね

75: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:08:59.46 ID:OsCQEypo0
>>69
まあ己の気持ちに正直になるなら文体のインプレッションについて語るしかないから確かに語りづらい

57: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:05:21.13 ID:Si5gP8Ww0
文学がオワコンって解釈の仕方にもよるかもね

最近のやつは全く知らないわ

73: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:08:15.81 ID:gBcE1il+0
>>57
まあ単純になんかおもろい作家とかムーブメントあったら知りたいだけやけどな

61: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:06:02.08 ID:Troh362Ta
現代の名作とか読む気ならんわ
古い名作読むだけでもとても時間足りないのに
なん十年後に残ってるかどうかも分からない物に
時間は割けない

67: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:07:01.14 ID:Si5gP8Ww0
>>61
でも誰かが読まないと残らないという

64: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:06:27.60 ID:XqtJarjIa
綿矢りさは好き

74: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:08:42.47 ID:gBcE1il+0
>>64
勝手に震えてろやっけ
あれおもろいん?

66: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:06:55.40 ID:gU0NvaaK0
大江健三郎が最年少受賞←すごい東大生やな!
丸山健二が最年少受賞←ファッ?!三島由紀夫が絶賛した高卒のサラリーマン?!

平野啓一郎が最年少受賞←うーん
綿谷りさが最年少受賞←なんやこれゴミやん

77: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:09:14.88 ID:gBcE1il+0
>>66
丸山健二て三島に褒められてたんか知らんかった

82: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:10:47.48 ID:gU0NvaaK0
>>77
受賞作の「夏の流れ」は三島に激賞されたんよ
実際乾いた文体が良い小説やな

92: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:12:58.23 ID:gBcE1il+0
>>82
なるほどねえ
三島って割と批評家として見る目あって厳しいイメージ

71: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:07:48.92 ID:L/jO8R2R0
丸山健二っていまも山のほうで生活してるんやろか

79: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:09:49.09 ID:gU0NvaaK0
>>71
今も安曇野に隠棲して庭いじってるで
あのアナクロのオッサンがTwitterやってるのが意外やけど

87: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:12:10.67 ID:gBcE1il+0
>>79
安曇野なんか

72: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:07:54.70 ID:IdDc8nzJ0
ワイ純文学好きなんよ~って言っといて舞城王太郎貸すの楽しい大抵キモがられる

80: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:10:04.74 ID:gBcE1il+0
>>72
なんかその辺からもう文学ってかサブカル文芸みたいなイメージ

76: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:09:08.58 ID:gU0NvaaK0
文藝作品の映像化ってのはもう日本映画の初期から始まってるからなあ
菊池寛や直木三十五は自分の作品を舞台化したり映画化するのに熱心やった

その路線を煮詰めたのが自社から出る小説を映画化しまくった角川春樹やな

83: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:10:48.87 ID:gBcE1il+0
>>76
大塚英志が角川春樹について新書書いたな最近

91: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:12:56.30 ID:gU0NvaaK0
>>83
はぇ~読んでみようかな
ドワンゴと角川の合併に関して弟の角川歴彦について書いた『メディアミックス化する日本』ってのは読んだわ
よく出来たカドカワ批判やった
二次創作で儲けるっていうカドカワのゲスさよ

101: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:16:00.51 ID:gBcE1il+0
>>91
ゲスってかうまいよな

81: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:10:28.00 ID:CMEpW4OYd
織田作之助読んでるンゴ

89: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:12:23.53 ID:gBcE1il+0
>>81
ええな
まだ読んでない

84: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:11:02.28 ID:Si5gP8Ww0
主にsfと歴史小説しか読まないから辛い時ある

93: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:13:25.04 ID:gBcE1il+0
>>84
SFとか歴史小説ってそれこそ新作でええのとかあるん?

117: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:20:10.16 ID:Si5gP8Ww0
>>93
知らん
マジで古いのしか読まないな
多分、宮城谷とか言う奴の光武帝のやつが1番新しいのかな?
sfで新しいのは読まないな

85: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:11:51.20 ID:Eoo6z/Ytx
中原昌也のパクリのエセラノベ純文、木下古栗だいきらい

96: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:13:47.78 ID:gBcE1il+0
>>85
つまらんよな
中原は読んだことないけど

90: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:12:33.07 ID:8fdv67Mc0
夏目漱石以外日本の文豪読んだことないわ
西洋かぶれです

99: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:15:25.24 ID:gBcE1il+0
>>90
西洋やと何が好きなん
ってか割と世界的に文学って退潮してるイメージあるけどどうなんやろ

113: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:19:28.92 ID:y8XTskDIa
>>99
昔に比べて文字言語の価値下がっとるしな
田舎だと文化らしき文化っていうと本くらいしかなかったけど今はそうでもない

95: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:13:41.62 ID:Eoo6z/Ytx
町田康とかいまだに創作ペースも質も落ちとらんすごい作家やぞ

106: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:16:55.12 ID:gBcE1il+0
>>95
おもろいと思ったことないわ町田

108: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:17:30.77 ID:gBcE1il+0
>>97
ミエヴィルは良さそうやけど読んでないなあ
作家より批評に向いてそうな気がした

100: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:15:37.71 ID:Eoo6z/Ytx
ちょい昔の純文なのに妙な実験小説書く人だいすき
深沢七郎
安岡章太郎
藤枝静男
後藤明生

109: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:18:22.52 ID:gBcE1il+0
>>100
安岡って実験なん?
藤枝と後藤は割と良かったけどまあ地味よな

110: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:18:31.22 ID:gU0NvaaK0
>>100
藤枝静男は眼科医で文壇と距離あったのが面白いな
深沢七郎は風流夢譚事件で右翼に狙われる時期があったんでいつの間にか放浪作家に

102: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:16:31.85 ID:kQ/7wCqr0
鶴田文学返して

111: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:18:54.09 ID:gBcE1il+0
>>102
返してとは

104: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:16:49.71 ID:gU0NvaaK0
町田康・辻仁成・川上未映子→音楽
本谷有希子→演劇
又吉直樹→お笑い

芥川賞って結構他ジャンルから来てるね
「猛スピードで母は」の長嶋有は別名義のブルボン小林でゲームライターやってるけど

114: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:19:31.00 ID:gBcE1il+0
>>104
昔からそんなもんなんかな
しかしまあ見事にみんな誰も読もうと思わん名前やな

105: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:16:53.00 ID:Eoo6z/Ytx
韓国文学、中国文学のほうが日本より元気あるな

116: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:20:07.08 ID:gBcE1il+0
>>105
どんなんあるんか知らんわ
ケン・リュウの中国SFアンソロジーとか買ってみたけど

112: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 15:18:58.99 ID:q79nLqu80
オワコンも何も売れてたブームの時代が特殊だっただけで純文学なんてそもそも売れへんもんとちゃうのん?

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1521179648/0-