mistake-1966448_640

815: 名無しさん 2018/02/07(水) 16:10:45.17 ID:EYHrACvJ0
バトル物にしても恋愛物にしても
自分が経験してこなかった物はどうやって小説にしてるんだろうか?

自分が妄想を形にしようとすると凄く浅いのよね
青春もろくでもなかったし、友達もいないから親しい間柄の会話ってのも全然イメージできない
上手い作品を見ると、まるでその世界に作者が生きてるかのようにリアルでさ
そういう「自分が未経験のことを書ける」という作者の感覚ってどうやったら身につくんだろ?

817: 名無しさん 2018/02/07(水) 16:29:24.84 ID:Kw0XEwdUr
>>815
師匠いわく「あんなこといいな出来たらいいな」=「いわゆる○○願望」を日頃から誰しも持っていて自覚もする
恥ずかしくて匿名板にすら書けないという初期段階さえ超えていれば、それをこうして自己のアイデアとしてモヤモヤと書き出せる。
そうしてゼロから他人像を作る。自分や自分以外の男キャラ(ここは既存でも可)がそれと関わってドキドキしたり興奮したり面白がったりイライラしたりの絵図を想像してストーリーを考える。
だったかな

835: 名無しさん 2018/02/07(水) 19:26:04.35 ID:mMZKVV8Vd
>>815
というかそもそもプロの作家ですら、例えば未経験のものを物語の軸にしようと思ったら下調べして取材してその分野の知識や当事者たちの声をある程度肌で感じてから自分なりに咀嚼してドッシリした骨組みを作るわけだからね

でもさ、そういう能力や発想がない陰キャやコミュ障が地道な努力をすっ飛ばして既存のゲーム設定や世界観、キャラクターを上手に切り貼りしてウケを取る。それこそがなろうドリームだろ。悩むな進め

820: 名無しさん 2018/02/07(水) 17:32:10.70 ID:nuCK8W110
>>815
自分の書いた文章を読んだ時に浅いと感じる感性があって
リアルな物語を見た時に「リアルな描写だな」とも感じられるのなら
問題は経験じゃなくて文章力じゃないの?

824: 名無しさん 2018/02/07(水) 17:45:56.63 ID:HQnIxBNta
>>820
文章力ももちろん無いんですが
それ以前にその世界の全体像や、キャラクターのセリフに魅力が感じられないんです
世界の作られた感やセリフを(必要な分だけ)言わされてる感が強い
陽気なキャラが「陽気なキャラを演じようとしてるコミュ障」になる

829: 名無しさん 2018/02/07(水) 18:07:00.86 ID:nuCK8W110
>>824
……単純に自信がないだけ?

経験のインプットも重要だとは思うけど
違いが分かるあなたの感性なら、ダメなポイントが見えてくるはず
そしたら、ダメなポイントを修正しながら、なぜ自分がそう書いてしまったかを洗い出す
そんな作業を繰り返すたびにちょっとずつ理想の世界やキャラに近づくノウハウが溜まっていくと思います

あとは慣れれば自然に書けるようになってる、んじゃないかな?

816: 名無しさん 2018/02/07(水) 16:28:43.41 ID:IAy/Hao40
人間観察

818: 名無しさん 2018/02/07(水) 16:37:44.83 ID:5raAHEzn0
未経験の事は書けませんし書かない方がいいですよ
それなりの人は、経験不足の作者が知ったかぶって嘘の現実を書いてたら、必ず見抜いて内心馬鹿にしますので

自分に経験が不足している、そういう場合はフィクション世界を書くのが楽ですね
女キャラを書くにしても異世界の住人にしてしまえばいい
主人公はリアル自分でも、ほかの人物を全て異世界住人にしさえすれば、
有り得ないハーレムだって突っ込みは「そもそも異世界だし価値観違うし」と自動反論されます

前提さえ構築してしまえば後は自分の好きなフィクションをパクる、もといアレンジするのが楽でしょう
よって答えは自分の経験に引き出しがないならば、現実に近いキャラほど難しく、それに遠いキャラほど楽だという事です

823: 名無しさん 2018/02/07(水) 17:43:21.37 ID:t5RKY5zr0
>>818
それ言ったら犯罪者の心理を描くためには犯罪者になる必要があるな
物語に出てくる強盗や野党をリアルに書くためにちょっと山賊してくるわ

830: 名無しさん 2018/02/07(水) 18:07:51.68 ID:lXT5VItV0
>>823
ぼろっちい布服とか肩がギザギザの上着とか着るんですね

819: 名無しさん 2018/02/07(水) 17:18:40.02 ID:lXT5VItV0
途中まで気に入ってたけど途中から台無しになった映画やドラマを覚えていて、その部分部分での無念を小説で晴らしたい。パクりつつ、ストーリーを改変して( ゚∀゚)

825: 名無しさん 2018/02/07(水) 17:50:33.22 ID:0ouUTeNq0
人生経験が希薄だからうすっぺらい話しか書けません

826: 名無しさん 2018/02/07(水) 17:53:13.21 ID:drq9DOPcd
>>825
うすっぺらくてもいいじゃないか
とんスキが累計9位のサイトだぜ?

827: 名無しさん 2018/02/07(水) 18:05:31.01 ID:T7EN41vWd
如何に上手く嘘をつくかだよ
創作なんて嘘だらけだぞ

828: 名無しさん 2018/02/07(水) 18:06:06.89 ID:JQeOhOxe0
そりゃ文学的に価値のあるものをー、とか
人々に感動を与え人生とは何かを考えさせる作品をー、とか言うなら深い人生経験が必要でしょうが…
我々がやろうとしてるのはエンターテイメント小説ですからね
軽~いのからディープなのまで様々で良いんじゃないでしょうか
スナック菓子やソフトクリームみたいに軽さや空気感もまたひとつの味ですよ

849: 名無しさん 2018/02/07(水) 21:30:36.73 ID:EYHrACvJ0
>>828
たしかに、異世界物の冒頭ってどう導入するのが1番いいんだろうな
専門用語出しすぎてもブラバだし、かといって説明不足でもダメな気がするんだよなぁ

864: 名無しさん 2018/02/08(木) 10:02:00.70 ID:cwXfz1L00
>>849
世界観設定をそのまま出すのではなくて
その世界観設定に対するキャラクターの反応を書け
っておばあちゃんが言ってた

831: 名無しさん 2018/02/07(水) 18:08:45.26 ID:DBXuco8Jd
バーチャyoutuberが配信中におっさんの顔が写ってショックってのがあったけど、通じるものがあるな

832: 名無しさん 2018/02/07(水) 18:10:11.24 ID:9f4fpou20
話のネタになる出来事だな。

833: 名無しさん 2018/02/07(水) 18:15:13.25 ID:bxWgaC4TM
自分ってのはよく見えないからね。
他人と比べて何か違うことは分かるが、何が違うのか、どこが違うのかは中々理解できない。

838: 名無しさん 2018/02/07(水) 19:38:16.29 ID:mPeR61en0
他所のラーメンは具が無くても味が薄くても不味いことすら楽しんで食えたのに
自分で店を出すと塩分カロリー添加物からネギの切り幅まで気になってしまう

839: 名無しさん 2018/02/07(水) 19:41:54.11 ID:z8NQF9Mrr
>>838
不味かったら嫌になんね?
俺だったら不味い時は「カップ麺の方がうめえな。あー金と時間損したー」って言って帰る

あと何かの記事で袋麺のインスタントラーメンをばれないように客に出して繁盛しちゃってます系の話を見たことがある
プロ気取ってる店もあんがい不味いよ

840: 名無しさん 2018/02/07(水) 19:42:18.06 ID:mMZKVV8Vd
>>838
性格なんだろうね。個人的な意見としては、創作活動には向いていないタイプだと思う

836: 名無しさん 2018/02/07(水) 19:36:19.79 ID:X04ULrbF0
よく考えると無茶苦茶だけど何となく説得力のある理屈っていいよね
そういうの考えられる人間になりたかった

837: 名無しさん 2018/02/07(水) 19:38:15.97 ID:z8NQF9Mrr
>>836
もうなってるだろう。自信を持て
俺にマトリフのしるしとかいうものがあればとっくに渡してるところだ

引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/bookall/1517053917/


管理人コメント

リアリティを売りにした作品ならともかくそうでないのであれば自分の書きたいように好きにすればいいと思う。
全ての事柄にリアルを求めようとしたらその度に実体験して、取材して、調べて・・・ってなるから作品を書き上げることが出来なさそう。